怖い歯周病│症状と治療

歯周病は確実に体を蝕んでいく

歯周病の症状

怖い歯周病の症状

歯周病は、歯槽膿漏とも呼ばれる歯茎の病気です。 歯磨き粉の宣伝などで、歯周ポケットという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、歯と歯茎の間に出来たすき間を、「歯周ポケット」と呼んでいます。

歯と歯茎はくっついているかのように見えますが、別の組織ですので僅かに隙間があります。

健康な歯茎では、歯周ポケットはほぼ無いか、あっても2mmくらいの深さです。このくらいなら歯ブラシで充分に歯垢を取り除けますが、歯磨きを怠っていたり、うまく歯を磨けていなかったり、食べ物が常に口の中にあるような状況ですと、この歯周ポケットが、どんどん深くなっていきます。 歯周病が進行してしまうと、歯周ポケットの深さは9mmにもなる場合があります。

歯周ポケットにたまった歯垢が悪さをし始める

歯周ポケットにたまった歯垢は、歯ブラシで取り除けなくなり、やがて菌が繁殖し、歯垢を酸化させて歯茎に炎症を起こします。この菌が出す酸が、歯の組織、歯骨を侵食していきます。

物が腐るときには、酸化して周りの組織を溶かしていき、強い腐臭を出します。 菌の繁殖が加速して行き、本来口の中にいる良い口内菌の自己免疫力でも抑えられなくなっていきます。

歯周病になると色々な悪いことが起きてくる

歯周ポケットの中で育った菌は、やがて歯の組織を溶かしていきます。そして、炎症で膿を溜め、口臭を強くします。ここまでくると、いくら歯磨きやマウスウォッシュをしても、口臭はなくなりません。その口臭の元が、歯の周りいっぱいに詰まっているのですから。

こんな症状が出たら歯周病かも

あなたも歯周病のチェック!
こんな症状ありませんか?歯周病は早期発見が大事です。

  • たまに歯ぐきが腫れて、痛くなる
  • 口臭がきつくなった
  • 朝起きた時、口の中が気持ち悪い・まずい
  • 朝、歯に色がついた何かがついている
  • 下を向いて寝ると、出たよだれに色がついている
  • ティッシュで口を拭うと薄茶色の液体がついてくる
  • 虫歯ではないのに歯が痛い感じがする
  • 歯茎の色が紫色に近い
  • 歯ぐきがぶよぶよする
  • 歯がグラグラする
  • 歯茎を押すと肌色の液体が出てくる
  • 歯が浮いている感じがする

歯周病

  • 1-2個で歯周病の疑い
  • 3-4個で歯周病中期の疑い
  • 5個以上で歯周病が相当進んでいる疑い

今すぐ、歯医者さんで治療を行わないと、入れ歯になってしまうかも?

歯周病を放って置くと怖い結末が待っています。 また、口臭はなかなか自分では気が付きにくく、気づいた周囲の人にも不快な思いをさせてしまいます。 ガムや消臭サプリなどでも口臭がなかなか消えない理由がわかったら、歯医者さんへGO!ですね。

歯周病を放っておくとどうなる?

歯科クリニック

歯周病を放って置くと、歯周病菌はどんどん深く進行していきます。

  1. 歯根までの歯ぐきの長さは10ミリほどですが、その間の歯のエナメル質を溶かし、歯を痩せさせてしまいます。(これがグラグラの原因になる)
  2. やがて、神経を侵し、歯を死なせてしまいます。(歯の変色、抜歯、神経の壊死)
  3. 歯が無くなっていき、入れ歯が必要になります。
  4. 菌はさらに侵食していき、顎の骨を溶かします。
  5. そして血液や神経を侵し拡がっていき、味覚や視覚、聴力など、近い神経を侵していきます。

ここまで放っておく方はなかなか居ないとは思います。 ですが、人によっては痛みや自覚症状に気付くのが遅れたりしますので注意が必要です。

歯の健康は、なかなか素人には判断できません。 半年に一度くらいで定期的に歯医者さんで健康診断してもらうのが一番ですね。

自分の体の変化をきちんとチェックしていましょう!

ブランパ歯科医院